PAG『Personal Act Gene』河合です。 PAG『Personal Act Gene』は多様化する日本人の生活習慣病に関するヘルスケアの情報を配信するブログです。今回は「タケダ初の特定保健用食品「ヘルシーインW(R)」新発売」について書きます。

PAG 河合 ヘルスケアニュース『ヘルシーイン発売』

武田コンシューマーヘルスケア株式会社は、本日、通信販売「タケダ通販ショップ」にて、当社初の特定保健用食品(通称「トクホ」)として、「ヘルシーインW (R)」を発売しましたのでお知らせします。

公益社団法人 日本人間ドック学会の調べによると、50歳以上の3人に1人がコレステロールに関する指摘※を受けています。今回発売する「ヘルシーインW (R)」は、海藻由来の水溶性食物繊維「低分子化アルギン酸ナトリウム」の働きによって「コレステロールの吸収を抑える」「おなかの調子を整える」の2つの作用が確認され、食物繊維が不足がちな方の食生活の改善に役立つ特定保健用食品として認められているそうです。

PAG 河合 ヘルスケアニュース『ヘルシーインの効能とは?』

※日本人間ドック学会実施の2015年「人間ドックの現況」調査において、「軽度異常あり、生活改善し、経過観察を要す。」もしくは「医療を要す。二次精査を要す。」とされた割合

また、1日1本(150g)を目安として継続的に飲んでいただけるよう、飲みやすさにもこだわり、さわやかなレモン風味に仕上げているそうです。

当社は、「健康寿命」を延ばしたいという人々の願いを叶えるビジョンのもと、「セルフケア」「セルフメディケーション」の領域で、お客様のニーズを先取りした製品を提供できるよう、鋭意取り組んでいきます。

PAG『Personal Act Gene』について

PAG『Personal Act Gene』河合です。 PAG『Personal Act Gene』は多様化する日本人の生活習慣病に関するヘルスケアの情報を配信するブログです。

PAG『Personal Act Gene』

公式ホームページ

https://9b55a78d45347655384b09c9.amebaownd.com

PAG『Personal Act Gene』公式ブログ URL

Hatena blog

https://personalactgene.hatenablog.com/

Livedoor blog

http://personal-act-gene.blog.jp/

FC2 blog

http://personalactgene.blog.fc2.com/

PAG『Personal Act Gene』

公式Twitter(ツイッター) URL

https://twitter.com/elenaborodina44?lang=ja

PAG『Personal Act Gene』河合です。 PAG『Personal Act Gene』は多様化する日本人の生活習慣病に関するヘルスケアの情報を配信するブログです。今回は「Nokia、ヘルスケア事業をWithings創業者に売却へ」について書きます。


PAG 河合 ヘルスケアニュース『ヘルスケア事業売却へ』

フィンランドのNokiaは5月2日(現地時間)、ヘルスケア事業をWithings共同創業者のエリック・カレル氏に売却することで合意したと発表した。

PAG 河合 ヘルスケアニュース『Nokia,撤退』

Nokiaは2016年4月、Withingsを1億7000万ユーロ(約212億5000万円)で買収したが、今回の発表は、B2Bおよびライセンス事業を中心にしたビジネス向けにシフトする考えのためだと説明している。

Nokiaはコンシューマー事業から撤退する考えのようだ。

PAG『Personal Act Gene』について

PAG『Personal Act Gene』河合です。 PAG『Personal Act Gene』は多様化する日本人の生活習慣病に関するヘルスケアの情報を配信するブログです。

PAG『Personal Act Gene』

公式ホームページ

https://9b55a78d45347655384b09c9.amebaownd.com

PAG『Personal Act Gene』公式ブログ URL

Hatena blog

https://personalactgene.hatenablog.com/

Livedoor blog

http://personal-act-gene.blog.jp/

FC2 blog

http://personalactgene.blog.fc2.com/

PAG『Personal Act Gene』

公式Twitter(ツイッター) URL

https://twitter.com/elenaborodina44?lang=ja

PAG『Personal Act Gene』河合です。 PAG『Personal Act Gene』は多様化する日本人の生活習慣病に関するヘルスケアの情報を配信するブログです。今回は「「座りすぎ」は脳にも悪影響、運動でも相殺できない可能性」について書きます。


座っていることが健康にとって最悪の行動の一つであることを、あまり信用していなかった人もいるかもしれないです。

だが、そうした考えを変える可能性がある研究結果が発表された。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームが米科学誌プロスワンに発表した論文によると、座っていることは体の健康に悪影響を及ぼすだけでなく、神経学的に見た健康リスクでもあるというらしい。

着座している時間が長い人は、記憶と関わる脳の領域に皮質の菲薄(ひはく)化が見られ、その影響は強度の高い運動でも相殺することができないと見られます。

研究チームは、座っていることと運動、記憶形成に関わる内側側頭葉とその小領域の皮質の厚さの関係について調べるため、45~75歳までの男女を対象に調査を行いました。

参加者には過去1週間の平均着座時間について尋ねたほか、強度が低、中、高レベルの運動をどの程度行ったかについても答えてもらいました。

さらに、身体計測とアルツハイマー病との関連が確認されている「アポリポタンパクE(APOE)」遺伝子の検査、脳のMRI検査を実施。MRIでは、内側側頭葉の領域の皮質の厚さを確認しました。

これらの結果、検査した脳の領域の厚さと運動の強度との間には、相関関係が見られなかったです。

つまり、運動は座りすぎによってもたらされるダメージを帳消しにすることができないと考えられる。

座って動かずにいることは、アルツハイマー病のリスクを増大させる予測因子であるとも見られています。

研究チームは、アルツハイマー病の症例のうち約13%は活動的でない生活習慣が原因だとする過去の研究結果を指摘しています。

また、着座時間を25%減らしても、それで減少するアルツハイマー病の発症数は、世界全体で100万件程度と推計されるとの研究結果もあるとのことです。

そのほか、座って過ごす時間が長くなるほど、認知能力が低下する可能性があるとの見解も過去に示されており、これは脳そのものが変化したことによって現れる兆候とも考えられる。UCLAの研究チームによって確認された神経学的変化は、これらの関連性を適切に説明するものと言えるかもしれないです。

座っていることはなぜ、脳の健康に上述のような影響を及ぼすのだろうか。神経再生の抑制、脳の可塑性の低下、炎症の発生など、脳の多くのメカニズムが関係している可能性があります。

これらのメカニズムはいずれも、運動によって促進されることが分かっている。そのため少なくともUCLAの研究では「影響を相殺する効果がない」との結論が示されたことは、興味深い点です。

これまで数多くの研究結果から、座り続けることが心臓病からがん、早死にまで数多くの問題に関連していることが示されてきた。米国心臓協会は長時間の着座の危険性について、「もっと座らず、もっと動く」ことを呼び掛けている。体の健康だけでなく、脳の健康にも同じことが言えるのかもしれないですね。


PAG『Personal Act Gene』について

PAG『Personal Act Gene』河合です。 PAG『Personal Act Gene』は多様化する日本人の生活習慣病に関するヘルスケアの情報を配信するブログです。

PAG『Personal Act Gene』

公式ホームページ

https://9b55a78d45347655384b09c9.amebaownd.com

PAG『Personal Act Gene』公式ブログ URL

Hatena blog

https://personalactgene.hatenablog.com/

Livedoor blog

http://personal-act-gene.blog.jp/

FC2 blog

http://personalactgene.blog.fc2.com/

PAG『Personal Act Gene』

公式Twitter(ツイッター) URL

https://twitter.com/elenaborodina44?lang=ja

↑このページのトップヘ